美容成分の豆知識|飲むヒアルロン酸の決めてはアレ!記事一覧

ヒアルロン酸とは、アミノ酸の一種のムコ多糖で、炭素、水素、酸素、窒素から構成されている成分です。分子構造はアミノ酸と同じで、アミノ酸と同じく、分子量が大きい糖類に属します。分子量が大きい場合、体内に残りやすいのですが、肌の表面からの場合、吸収されにくい性質があります。肌の表面からヒアルロン酸を吸収させるより、直接体内に注射して注入する方が効果的と言われるのは、そのためです。ヒアルロン酸の効果と言え...

コラーゲンと言えば、美容に欠かせない成分としてよく知られていて、プルンプルンのもので、お肌に効果があるというイメージが強いでしょう。コラーゲンというのはタンパク質の一種で、人間の体内のあらゆる組織に存在しています。タンパク質と聞くと、筋肉をイメージしますが、コラーゲンの存在は他のタンパク質とは違います。細胞と細胞の隙間に存在していて、細胞間を結合する働きや、老廃物を排出する働きがあるのです。しかし...

グルコサミンとはムコ多糖類の一種で、動物の皮膚や軟骨、カニやエビなどの甲骨類の殻のキチンに多く含まれている成分です。グルコサミンは、関節部分の細胞の新陳代謝に大きな役割を果たしていて、そのことから、膝の痛みに効果的で、関節の動きをなめらかにする働きがあると言われています。そして、軟骨組織や関節液に存在するコンドロイチンやヒアルロン酸の主原料になります。グルコサミンは、軟骨のプロテオグルカンを作る材...

コンドロイチンとは、コンドロイチン硫酸が正式名称で、軟骨や結合組織、粘液に含まれているムコ多糖類の一種です。動植物性の食品に少し存在していて、サプリメントや医薬品などに配合されているものに関しては、そのほとんどがサメの軟骨を原材料としています。そして、関節痛や老化防止などにも効果があると言われています。関節、靭帯、腱の弾力性、円滑性を保持する働きがあり、骨と骨との摩擦を防ぐ役割があります。そして、...