コラーゲンとは?<

コラーゲンと言えば、美容に欠かせない成分としてよく知られていて、プルンプルンのもので、お肌に効果があるというイメージが強いでしょう。コラーゲンというのはタンパク質の一種で、人間の体内のあらゆる組織に存在しています。

 

タンパク質と聞くと、筋肉をイメージしますが、コラーゲンの存在は他のタンパク質とは違います。細胞と細胞の隙間に存在していて、細胞間を結合する働きや、老廃物を排出する働きがあるのです。しかし、コラーゲンは25歳くらいから少しずつ減少していき、減少すると細胞間を結合する働きが弱まるので、皮膚のたるみなどを起こしたりします。

 

また、水分を保つ場所も失われるので、肌のカサつきの原因にもなります。そして、コラーゲンの不足は、肌だけではなく、内臓や骨、関節、髪などの色んな場所に悪影響を及ぼします。内臓機能の低下や、骨粗しょう症、関節炎、白髪や抜け毛などを誘発します。コラーゲンは、人体に必要不可欠な成分なので、老化で失われる分、良質なコラーゲンを摂る必要があります。コラーゲンを保つことは、まさに若さを保つのと同じと言ってもいいでしょう。

コラーゲンとは|飲むヒアルロン酸選びの決め手はアレ!関連ページ

ヒアルロン酸とは
グルコサミンとは
コンドロイチンとは