グルコサミンとは?

グルコサミンとはムコ多糖類の一種で、動物の皮膚や軟骨、カニやエビなどの甲骨類の殻のキチンに多く含まれている成分です。グルコサミンは、関節部分の細胞の新陳代謝に大きな役割を果たしていて、そのことから、膝の痛みに効果的で、関節の動きをなめらかにする働きがあると言われています。

 

そして、軟骨組織や関節液に存在するコンドロイチンやヒアルロン酸の主原料になります。グルコサミンは、軟骨のプロテオグルカンを作る材料の1つで、糖とアミノ酸が結合したアミノ糖の一種になります。元々、人間の身体の中にもあるものなのですが、加齢とともに次第に失われていきます。軟骨や皮膚などを再生させたり、関節の炎症を抑えて傷ついた軟骨の修復を促進し、変形性関節症やリウマチの痛みや腫れを改善する働きがあります。

 

そして、免疫、がん、炎症、骨関節炎、膝関節炎痛などに有効とされています。ただ、重篤で慢性的な骨関節炎の痛みの緩和には効果がないと指摘されています。グルコサミンは、短期間、適切に経口摂取する場合は安全なのですが、血糖値や血圧、トリグリセリド値の上昇などが報告されているので、糖尿病や高脂血症などの人は注意しなければなりません。

グルコサミンとは|飲むヒアルロン酸選びの決め手はアレ!関連ページ

ヒアルロン酸とは
コラーゲンとは
コンドロイチンとは